緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年5月17日(土)開催のオダサガ文化祭に持って行こうと思います。

ローマングラスやら、黄鉄鉱入りターコイズ、アンデシン、ラブラドライトの質の良いビーズも入ったので使ってみました。

DSCN1753.jpg

そして今回は材料も少しばかり放出しますので、ナニカ作る人もぜひ。
スポンサーサイト

【2014/05/14 23:43】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
いくつか作って海福雑貨さんに納品しました。

フィンランド産スペクトロライト。
ラブラドライトの仲間だそうですが、比べてみると地の色がもっと黒っぽくて透明感がなくて、その分光があたると凄く良く光ります。色味は虹色のものも多いのですが、モルフォ蝶の羽みたいなパキッと青いやつが久しぶりに手に入ったので。

567329_1977835495_6large.jpg 567329_1977835511_60large.jpg

アンモナイト化石。結構今回のは光に透かすと透明感ありますね。あと内部の穴の中に透明感のある水晶か方解石かなんかかな、こまっかーーーい結晶がぶわっと生えているので、ルーペで見てみるとちいさきものたちの世界がみえますよ。
567329_1977835477_209large.jpg 567329_1977835301_25large.jpg

同じくアンモナイトでこっちは黄鉄鉱(パイライト)という鉱物に置き換わったもの。なんだか歯車みたいだなぁといつも思います。
567329_1977835343_143large.jpg

ローマングラス。ながーーい時間をかけて出来た表面の銀化部分の玉虫色も素敵ですが、光に透かすと昔のガラスならではの気泡や不純物ががみえたりする景色も楽しんでほしいところです。
567329_1977835420_252large.jpg 567329_1977835317_44large.jpg 567329_1977835311_229large.jpg

紫水晶のポイント。
全部濃い紫ではなくほんのり紫ってのが好きなんだよねぇ。黄緑のガラスはウランガラス。ブラックライトで光ります。
567329_1977835393_8large.jpg 567329_1977835246_230large.jpg

印度産イリデッセンスクォーツ。表面がなんらかの原因で虹色に光ってます。人為的にこういう処理をしてもっと派手な感じの虹色に光らせてる水晶ってのもあるのですが、これは天然で出来たものだそうな。虹色の控えめな感じが好きなんですよね。

最近はでかいクラスターが多くて、アクセに加工できそうな小さいやつが見つからなくなってきて少しばかり困っている今日この頃です。
567329_1977957195_252large.jpg 567329_1977957203_80large.jpg

ファイヤーアゲート。沢山種類のあるアゲート(瑪瑙)の中のひとつなのですがこの名前は通称らしく、同じ名前で模様の全然違うやつがあったりします。これは石の内部が玉虫色というか、ちょっと光ってて表情がおもしろいです。

567329_1977835466_78large_20130730000709.jpg 567329_1977835281_81large.jpg 567329_1977835276_189large.jpg

てな感じで、方々をホテホテ歩いて見つけて来た、わりとめずらしめの鉱物など集めてみたです。

ぜひお立ち寄りの際は実物を手にとってみてくださいまし。

【2013/07/30 00:50】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
最近作ったもの。

リビアンデザートグラスとウランガラスの首飾り。海福雑貨に納品しました。

リビアンデザートグラスおもて側
57132091_o1.jpg 

リビアングラスのうら側&上のビーズはウランガラス。
ウラングラスはブラックライトあてると光ります。
BGpzUohCcAAG7Wf.jpg 57132091_o2.jpg

リビアンデザートグラスってのは何かというと、自然の力で生成されるガラスの中のひとつで。

リビアンデザート=いわゆるリビア砂漠のことですねー。
ようはそこ産の天然ガラスなんですが、どんな風に出来るかというと。

砂漠に隕石が落ちる→隕石って燃えながら落ちて来るから熱すごい→砂漠に落ちると砂の中の熱に弱い部分が燃え尽きて、比較的熱に強いガラス質の部分だけ固まって残る。

てな過程を経て出来る天然ガラスなんです。砂の色のせいなのかなんなのかちょっと黄色がかった独特なガラスの色ですね。
砂漠で出来るだけあって、エジプトの遺跡のスカラベとかこれで出来てるのを時々見かけます。

昔の人は砂漠にこんな透き通った石的なもんが落っこっててさぞや驚いただろうなぁ。
「おおおお!!」とか思ったに違いないですきっとw

あとは結構な熱が加わった証拠に表面に独特の沸騰したようなでこぼこが出来たり、よく見ると気泡や不純物を巻き込んでいたり。眺めてると景色が面白いですよ。

さらにスピリチュアルな人達の間では宇宙の物質が含まれててパワーがどうたらこうたらって言う人も居ますが、そこはよくわかりませんごめんなさいw

あとたまにリビアングラス自体を「隕石」と称して売ってるところもたまーにありますが、それは間違いだから気をつけてね。あくまでも隕石が落ちて来たときに出来る「天然ガラス」ですので。

隕石落下由来の天然ガラスを総称して「テクタイト」と言うのですが種類が何種類かあって、リビアングラス意外だともっと深めの緑色したチェコスロバキア産のモルダバイトや、各地でとれる黒っぽい色したものがあったり。

あとはテクタイトではないけども火山の噴火の熱で生成されて石器にも使われてる黒曜石とか、
天然ガラスって結構種類あるのよね。

気になる人は画像検索すると沢山ひっかかるよ。


そんでもって首飾りの上についてるビーズ型のウランガラスについて。

着色料として微量のウランが含まれてるガラス。もちろんウランの量は人体に害の無い程度なのでご心配なく。

この連は全部おんなじウランガラスのビーズ。ちょっとだけ昔のボヘミア産。
DSCN0967.jpg DSCN0965.jpg


元の色はリビアングラスの色をすこーしだけ明るく濃くした感じの色なのですが、
ブラックライト当てると、その部分が蛍光色に光っています。

この色の違いというか化けっぷりが好きだったりします。


納品先の海福雑貨にもブラックライト置いてあるんで、ぜひ手に取って遊んでみてくだされ。


FC2blog テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

【2013/04/01 22:25】 | アクセサリー
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
今日はこれを観に行ったあとに海福雑貨さんに新作納品行って来ましたー。

今まで一ケ所にまとまってたのが、今回の納品で入りきらなかったので2ケ所に分けて置いていただきました。
567329_1847306632_61large.jpg 567329_1847306623_93large.jpg
567329_1847306629_86large.jpg 567329_1847306621_229large.jpg

もっとアップで。

567329_1838870368_192large_20121213222759.jpg 
淡水真珠の腕輪。これよりも紐が黒いバージョンも納品してます。

DSCN0901.jpg
むかしの瓶シリーズ再び。今回はカイアナイトっていう石使ってます。

DSCN0896.jpg DSCN0897.jpg DSCN0895.jpg
12月の誕生石のターコイズ特集です。でかいのからプチペンダント的なのまで。
ターコイズはこの他に腕輪が二本海福雑貨通販部に出ています。
それぞれ表情の違うターコイズだからお好きな方はチェックしてみてくださいな。

DSCN0865.jpg
キーホルダー。
左側の二本納品しました。
これ、一番したはひしの実っていう水草の実だそうな。いわゆる忍者のマキビシの元になったとか。
実際踏むと痛いですよwしかも食用らしい。食べてみたいです。
それと蛇の骨と真鍮パーツ。
そしてかなり前に自分でガラス溶かして作ったトンボ玉。

あとは写真ないけど蛇の骨の腕輪のバージョン違いを二本やドリームキャッチャーペンダントなどなど。

手の遅い自分にしては今回数結構納品出来たので、ぜひ見に行ってやってくださいまし。

【2012/12/13 22:42】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
明日は相模大野アートクラフト秋の市です。
今サイトみたら開催決定ってなってました。お天気やばくなくてよかったー。

作ったもんガサッと写真とったのでアップしてみました。
PTsBa.jpg


つってもホントにガサっと撮ったので、なんだかわかんないよねww

これらとあともう一つ、新しい素材を使ったのを出します。


人によっては毛嫌いしそうな素材なので、明日写真とれたら載せようかなと。

アクセスその他、詳しくはここで。
ここにブースの位置などわりと詳しく書きました。


当日は海福雑貨がアートクラフトに出展&小田急相模原にある本体の方もオープンしてるので、おさんぽマップ片手にぜひはしごしてみましょ。


ではおやすみなさい。明日ねー(もう今日だw)

FC2blog テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

【2012/11/04 02:57】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。