緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう七月になってしまうのですが。

五月にメタモ行って来た時の記録でも。

前回に書いたFLAMING LIPSも最高だったですが、もう一つ目当てがあってね。

デトロイトテクノの重鎮Underground Resistance(くわしくはこことかここ見て)のMAD MIKE率いるGalaxy 2 Galaxy
ずっと生でみてみたかった。

代表曲はこれかなー。

この動画はcdのジャケ&アルバムの曲丸流しなのですが、ライブはほぼ生演奏でね。

クラブミュージックと言う意味でのモロテクノは少し苦手なのですが
JAZZとかフュージョン系の臭い+ブラックミュージックの混ざった感じがあるこの人らのオンガクは大好きで。
思うに野暮ったい音が好きなんでしょうねw

しかもばりばりアドリブかましてるから、cdとは全然違う感じで楽しめるという。


自分の子供のころってちょうどフュージョンとかジャズファンクだの、ディスコミュージックだのが流行っててね。

街中で流れてたり、ウチの場合は親にドライブに連れてってもらう時にいつもFMラジオ流れてて、その時にもこの手のオンガク耳にしてたらしく。

そのへんのオンガク耳にすると、曲名なんかの情報はわかんないのになつかしさをおぼえるのはそのせいかもしれません。

この曲が一番すきかもしんまい。アナログ盤のジャケもいかすねーw


ディスクユニオンのブースでTシャツ見つけたので買いますた。けっしてUR都市機構ではありませんw
DSCN0387_convert_20120630020157.jpg

あと残念だったのが、タイムテーブルがかぶってしまった
djアフリカバンバータ。ちょっとしか見れなかったけど、さすがヒップホップの教祖様。
単純でベタだけど好きな音みたいなねw ベストヒットUSA見てた頃思いだすわ。


コールアンドレスポンスがこんなたのしーぜ!!って思ったのひさぶりでした。すげぇ最後まで観たかったー。

JBと一緒。若いねぇw
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

【2012/06/30 02:22】 | オンガク
トラックバック(0) |
昨日海福雑貨に納品したガーネットin スモーキークォーツのネックレス。小さめのヘッド(100円玉よりちょっとでかいくらいかな)なので、紐も短めにしてみました。
多分50センチ前後かな。

567329_1676618597_224large_20120617212735.jpg 567329_1676618596_169large.jpg 567329_1676618587_245large.jpg

前回のブレスレットはクリスタル部分が透明の水晶だったのですが、今回はグレーがかったスモーキークォーツです。そこに紅い結晶が入り込んでる。

留め金部分はちょっとだけ昔のイタリアのベネチアンガラスのトンボ玉。
ちょっとカケてるところが雰囲気あって好きなので、使ってみました。

このベネチアンのお花みたいな模様ってトンボ玉作る人は知ってるかもですが、ミルフィオリと言って、一つ一つ金太郎飴とほぼ同じ製法で、このお花一個分が棒状になったものをガラスで造る。それをスライスしたものを下地の熱したガラスの上に一個一個乗せてから火で溶かしつけていくっていう、それはもう手間のかかる方法で造られてます。

アフリカとの交易でも使われていたビーズなので、むこうで見つかることも多いらしいですね。

私が材料に使ってるものより遥かに昔のアンティークのものは、奴隷や金なんかとも引き換えにされてたそうな。
いくら職人さんが造った見事なガラスとはいえ、、金や人間が同価値ってのもひどい話ではありますが、
それだけアフリカの人からしたら貴重ものとして扱われてたんだろうなと。

色彩もなんだかアフリカっぽい気がするのは、むこうの人が好むような色合いを意識して造ったりしてたのかなぁなんて思ったり。

さらにアフリカには割れてしまったベネチアンや、瓶の割れたものを砕いて集めてくっつけた再生ビーズというのもあったりします。それも素朴で素敵なんだわ。ガラスがすごくすごく大切にされてたんだろうね。

昔はさ、こういう材料のいわれみたいなのも骨董市とかでその筋の人に聞いたりしないとわかんなかったけど、今はネットがあるから便利ですね。

材料の出自を調べてみると、歴史が垣間見えたりなんかしておもしろかったりします。

【2012/06/17 22:07】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
なんか最近複数の鉱物が共生してるやつに凝ってますねぇ。

いやだっておもしろいんだもんw

まさに自然のいたずらという感じで。

今回はアイオライトサンストーン。

そのままのネーミングですが、

ふつーのアイオライト
567329_1670752776_189large.jpg DSCN0540_20120611213814.jpg
これね、同じ石です。
くるくる回すと。光の加減で色が黄色っぽく見えるポイントがあります。

そしてこっちがふつーのサンストーン。
567329_1670752771_125large.jpg
オレンジ色のラメっぽいキラキラが光ります。

この特徴をふまえて、いよいよアイオライトサンストーンですよ。
例のごとく、加工しかかってますが。
567329_1670682695_254large.jpg 567329_1670682693_221large.jpg 567329_1670682688_1large.jpg
一枚目から、光に透かした感じ、裏、表側。
じいーっと見てると、それぞれの石の特徴を併せ持っててとても面白いです。
表のラメ状に光ってる部分は、もう少しオレンジが混ざってるのですが、カメラにうまくうつらんかったw

ペンダントになって、近々海福雑貨さんに納品予定です。




【2012/06/11 21:56】 | 材料
トラックバック(0) |
夏と言えば、ターコイズでしょうかねぇ。12月の誕生石でもありますがw

チャイナターコイズでスパイダーウェブがなかなかきれいなのみつけたのでブレスにしてみました。
前回作ったターコイズのブレスはグリーンがメインの石だったんですが、今回は一つの石の中で、グリーンからわりと鮮やかなブルーまで振り幅がありますよ。

567329_1670682681_92large.jpg 567329_1670682685_26large.jpg 
567329_1670682683_70large.jpg 567329_1670682674_229large.jpg 
留め金は両錐水晶のビーズ。留め金部分とターコイズを並べて着けるのもアリかなと。

567329_1670682553_44large.jpg 567329_1670682676_99large.jpg 567329_1670682544_48large.jpg
ガーネットin クリスタルのブレスも出来たんで、本日海福雑貨に納品しました。

ガーネットは光に透かすと、小さいながらもころっとしたガーネット独特の形の結晶で、透明感もあり。
私も今回はじめて実物を手に入れた石だったりするのですが、いつまでも眺めていたい衝動にかられますw


【2012/06/11 21:19】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。