緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「- in the underground labo -」


XXXX年 XX月XX日

遥か昔、この世界には「ショクブツ」と言う生物が居たらしい。


その中でも「ハナ」と呼ばれた種族は、言葉をもたず動くことも出来ないのに
出会った人々の心を癒すことの出来るとても美しい姿をしていたそうだ。


その痕跡は今も各地に点在する遺跡の内部でほんの少しだけかいま見ることが出来る。

2014-6-ryokuto.jpg

僕は生まれた時から祖父にその話を聞かされていたせいか
いつしか「ショクブツ」、とりわけ「ハナ」の姿を一目見てみたいと思うようになり、
地下にある「実験室」の中で「ハナの復元」の研究に没頭するようになった。


遺跡の中で見つけた残骸を手がかりにしながら、足らない部分は「自分の持っているもの」や
今この世界に残っているもののなかで一番美しいものとされている「鉱石」を使って復元を試みる日々を送っている。


なかなか思うようにはならないが、とてもやりがいのある研究だと自分では思っている。
幸い時間だけはたっぷりあるので、いつか実現できるだろうと思っているのだが。



……夜遅くなってしまったのでそろそろ休むとするか。


おっと、寝る前に腕にオイルをさすのを忘れていた。
最近関節部分が軋むんだ。

こないだここの歯車をとりはずして「復元中のハナの一部」に使ってしまったせいかもしれないな。

           
           - Fin -



海福雑貨の2014年6月の特集で緑荳胡同を取り上げていただくことになりました。

お店の真ん中のコーナーに一ヶ月間展示します。
そんなこんなで今回の展示のテーマ
「- in the underground labo -」としてのストーリー(妄想?w)が出来たので、お目汚しにどうぞw

スポンサーサイト

【2014/05/16 00:59】 | 出没予定
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。