緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこいらをうろうろしていたら、こんな糸を見つけました。

20080731-13_convert_20080731225305.jpg

インドの人が着ているサリーを作ったときにでるシルクの布端を糸状にしたものだそうです。
エコですね。

見た瞬間、うわぉ、この色、サイケデリーック。
てな感じでグッと来たので、買って帰った次第。

布の端切れで作るからなんだろうけど、この糸、まったく同じ色の糸玉は存在しないそうな。
一個一個色味が違って色彩にも幅がある。

ネックレスの紐が作れないかなと思い、試作。ぶら下がっている玉はあり合わせで。

0820080731_convert_20080731230009.jpg 0820080731-2_convert_20080731230152.jpg

家に転がってたロウ引き紐を骨組みにして、糸と布ものが苦手な自分は
「ヘンプ編み昔ちょっとやったけどすぐ挫折したなぁ」なんて思いつつ、
見よう見まねでごそごそと。

表面のホワホワ部分がウールと違ってチクチクしないのがなかなか良いですね。

紐だから消耗品ではあるけれど、ある程度の強度は欲しいのでテストがてら付けて歩いてみたり。
途中にもとんぼ玉を通したらよかったなぁなどなど。
まだちょいと改良の余地あり。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/31 23:17】 | 材料
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。