緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0605.jpg 567329_1009102323_126large.jpg 567329_1009102332_160large.jpg



またまた古いガラスです。

金属花パーツと、 おそらく一個一個型に入れて吹いて作ったであろう古い瓶。

よく見ると、内側の底が斜めってて、気泡も入っててなかなか風情があります。

そして丸っこい青っぽいのがローマングラス。別名銀化ガラス。

12月の真冬の海福雑貨展に出したバージョンにはアイオライトの鉱石がついていましたが、今回はこのガラスで。

ローマングラスって、最初は色のついてたり、無色透明だったりするふつーのガラスらしいんだけど、
長いこと地面に埋もれている間にガラスの表面に化学変化が起きて、
玉虫色や銀色の皮膜みたいなものが出来るらしいです。「銀化現象」とも言うそうな。

イスラエルのあたりで発掘されるそうですが、古いものだと紀元前から埋もれていたものもあるらしいです。

時の流れを考えると気が遠くなりますね。

表面に凹凸がついてて、なにかの日用品の破片だったんでしょうか。
昔の人も、こんな遥か未来で、まさかアクセサリーとして愛でられてるとは思わなかっただろうなぁ。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/24 00:57】 | アクセサリー
トラックバック(0) |


こうひい
ガラスって本当に奥が深いですよね~

昔は高貴な人しか持てなかったガラスも、今では色んな人達が自由にガラスと遊んでいます♪

KOUさんもかなり古いガラスを集めていたみたいですけど、最後にシーグラスに辿り着いたみたいです!

シーグラスにもローマンガラスに似た現象が起こるんですよ!

私達はまだ見つけた事はありませんが。


-
こうひいさん 

おおお。シーグラスもこういう現象あるんですか!見てみたいなぁ。

いつか見つかったらぜひ見せてくださーい。

人の手が加わるところとは別のところで、じっくり時間をかけて変化していくガラスって、なんだか鉱物っぽくて面白いなぁと思う今日このごろです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ガラスって本当に奥が深いですよね~

昔は高貴な人しか持てなかったガラスも、今では色んな人達が自由にガラスと遊んでいます♪

KOUさんもかなり古いガラスを集めていたみたいですけど、最後にシーグラスに辿り着いたみたいです!

シーグラスにもローマンガラスに似た現象が起こるんですよ!

私達はまだ見つけた事はありませんが。
2011/02/25(Fri) 04:15 | URL  | こうひい #-[ 編集]
こうひいさん 

おおお。シーグラスもこういう現象あるんですか!見てみたいなぁ。

いつか見つかったらぜひ見せてくださーい。

人の手が加わるところとは別のところで、じっくり時間をかけて変化していくガラスって、なんだか鉱物っぽくて面白いなぁと思う今日このごろです。
2011/02/26(Sat) 22:14 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。