緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々作って海福雑貨に納品した魑魅魍魎達の写真。

567329_1238660390_147large_20110730133949.jpg 567329_1238660406_167large.jpg 567329_1238660400_76large.jpg 567329_1226621272_235large.jpg 567329_1239135479_125large.jpg

昔の鍵と真鍮パーツ。紐かける部分のくるくるってなったところは自分で作りました。

右のは水晶ではなく魚眼石。結晶の形が水晶と違うんだな。あと水晶より良く光を跳ね返します。
角度によってはギラギラと。
魚眼石は壁開っていって割れやすい方向があるので、少しだけ取り扱い注意です。
例えば、ぶら下げたままヘッド部分が、居酒屋のビール瓶に激しく激突とか…。鞄斜めがけしてて、肩ひもの金具で思いっきり「ゴリッ」ってやったりとか…。しない限り大丈夫だと思いますがww(←経験済み)

ピンクの流木にかかってるブレスレットは、ドラゴンズブレスっていう昔のガラスです。光にあてると青いキラキラした遊色が入ります。横の写真がそれね。今日海福雑貨に行ったら、ソールドアウトしてました。ありがとうございます。

まだ材料あるので、また何か違う形で作ろうと思います。

567329_1224960157_174large.jpg 567329_1224960163_140large_20110730133650.jpg 567329_1226621261_159large.jpg 567329_1226621244_120large.jpg

そして昔の鍵と、60年代くらいの日本製ガラスカボション、ローマングラスのペンダント。このてのカボションは日本製が一番形がキレイですね。ポコッと型抜きしただけだと思うんだけど、外国製のとデキがなんでこんなに違うんだろうね。型が丁寧な仕事だったりするんでしょうかね。
ローマングラス、光に当てるとこんな光り方します。

ネック部分は真鍮ビーズと紐を組み合わせるのに最近ハマってます。

同じくローマングラスとリサイクルシルクを編んだブレス。このシルク糸、一般的なシルク糸と質感がなんか違うのが気に入って、ずっと使ってる。お店に並んだときに緑荳胡同のタグに使っているアレですね。

海福雑貨の通称「中島」ジャックもいよいよ明日までです。こころよくひと月もの間中島ジャックさせてくださった海福雑貨さん、立ち止まってみてくれたみなさん、魑魅魍魎たちを連れ帰ってくれたみなさん。ホントにありがとうございました。

納品のたびに、どんな人が立ち止まってくれたのか、話をきくのがとっても楽しみで、濃ゆい7月を過ごさせていただきました。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2011/07/30 13:44】 | アクセサリー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。