緑荳胡同(りょくとうこどう)名義でいろいろゴソゴソ。造ったモノのキロクなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の離れた友人から。

人生の中でベスト3(当社比)に入るであろうイベントに「立ち向かうためのお守り的なモノがほしい」と。

そんな作り手冥利につきるお願いを、私で良いのだろうかと思いつつ。楽しく造らせていただきました。

石は持ち込みで、シトリンクォーツ。

イベントの性質上、ロウ引き紐で、あまり突起とかない重量も少なめのシンプルなものが良いかなぁと最初は思っていたのですが、

うーんw まったく正反対のものが出来上がるのが、緑荳クォリティ。みたいなね。

なによりも、今回三年ぶりくらいにワイヤー使おうと思ったのは、身につける人のイメージ+彼女ならつけこなしてくれるだろうなぁと思ったってのが大きいのとですね、針金と石の俺さんのワイヤーワーク見てたら触発されたという背景が。
ありがとうございますw

写真は苦手なので、手ぶれまくりですが。

シトリンクォーツ
真鍮丸線
多分 0.4ミリ、0.5ミリ(太さ書いてある袋なくした)
真鍮甲丸線
1.2ミリ
時計の歯車、甲丸カン

567329_1495045192_150large.jpg 567329_1495045176_50large.jpg 567329_1495045171_144large.jpg
567329_1495045189_183large.jpg 567329_1495045186_109large.jpg 567329_1495045166_74large.jpg

後ろ側はカオスってるねw 

4枚目の写真は、ほっそいボールチェーンもからまるような感じで付けてみるか考え中。ためしにひっかけてみた。
こういう感じも彼女の持つ雰囲気に合いそうだなと思い。

そしてこっちは三年前の記憶。今回見ながら思いだしたさw これとか。

でもってこれは、mixiの方にのせててこっちに載せてなかったの気づいたので、いまさら貼ってみる。

うさんくさい感じのターコイズ
アーティスティックワイヤー ノンターニッシュシルバー0.6ミリと0.4ミリくらいだと思うw

567329_560014688_1large.jpg 567329_560014689_1large.jpg
 
このころはアーティスティックワイヤー使ってたなぁ。なつかすい。
でもアーティステイックワイヤーより、育てて色や景色の変わって行く真鍮やシルバーの方が今は好きかなぁ。丈夫だし。






……造ってる時って、集中してるようでいて、材料ガン見しながら、連想ゲームのごとくアタマはとりとめのないことを考えてるってのが良くあるのですが、その時はなんだかね、三年前のことを思いだす作業→時計の歯車→ワイヤーが木の根っこみたい(これは多分自分の原風景的なもん)→古い記憶→前に彼女と話してたこと思いだす→マメ|・∀・)…脳内でないまぜになっとる

などと考えていた訳ですが。ないまぜ部分をわかりやすく書くとですね。。

古い記憶で、トラウマまで行かなくても、思いだした瞬間即座に罪悪感にかられちゃうような記憶ってあったりするじゃぁないですか。でもまぁなんだかそういう記憶も含めて今の自分を作ってるんだよなぁ。みたいなことをですね。考えてたよーな。そしてその記憶が元になって形成されてる自分って、必ずしも悪い部分だけじゃないよね?ってね。そんなような記憶と現在の出来事の歯車がかみ合って、よい作用をもたらすような現象もあるよね?っと。
なんつって。

こういうことも書いておくと、あとで工程ごと芋づる式に思いだすのに良いかもなどと思い。メモですメモ。


あとは仕上げして近々渡せるとよいなぁ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:制作日記 - ジャンル:趣味・実用

【2012/01/16 02:31】 | ワイヤーワーク
トラックバック(0) |


あら~ん、刺激にして頂きまして恐縮恐縮w

ガジュマルありーの今回作品だなww
前回のガジュマルが無ければ今回作品どころか
ワイヤーってイメージも無かったかもしれないし

ささやかながら俺の独り言ブログを発見してなかったら
やはりもっと違った物を作ってかもしれないよな

でも更に深く探ると、作品を作ってる自分も
ブログを立てようと思った自分も
例え悪い記憶であったとしても
今までの人生で一つでも欠けていたら
今と言う瞬間は生まれなかった分けじゃん

作り手の場合は特に「自分=デザイン」みたいな側面があって
作品は自分の今までの経験を形にしたものだと思うのよ


全ての経験と記憶
自分の良い部分も悪い部分も受け入れる事で
100%の作品が出来るのだろう

良い部分だけを見せようとか
悪い分を無かった事にした作品に深みは無いからな
それは人生も同じである

俺が罪悪感をただの罪と考えたら俺の心が2秒で潰れるぜw
もし俺の作品に「俺の罪悪感」も演出来たら
良いもん出来んじゃね?とは思ってるwww

既に緑荳が同じ様な事を書いていらっしゃるが(爆)





お~ぅ、ええやんエエヤン
緑荳クオリティーだわ
俺の緑荳イメージは正にこんな感じの力強さと
美大卒っぽいジャンクアートな感じ

( ̄ー ̄)b ナイス!



緑荳胡同
俺さん

おこんばんはー。

良いエネルギーもらったおかげさんで、楽しく造れましたよー。ワイヤーって選択肢があったことにも気づくことが出来たし。(結構忘れてた)

しかも、三年の間に世の中にはワイヤーワーク用の真鍮線のバリエーションが増えてて、こりゃええなと。
ええ、真鍮萌えなんで。

ガジュマル作ってた当時と違うところは、今の方が「自分が材料だと思えるブツはなんでも材料になる」って考えに至ったことですかね。だから歯車とか組み込もうと思ったぽいです。

これに関してはガジュマル以降に出会ったものつくりの人々からの影響が大きいかなぁ。

考えてみると、いろんな人や出来事から影響うけてますねぇ。
それがまた面白いなと。

作った人の中身がまけ出てるよーな作品って、頭から離れなかったり、見終わって家帰っても、いつまでも気になってしょーがなかったり。

あれもなんか作為的に出してるんじゃなくて、出ちゃってるんでしょうねぇ。だからこそ良いというか。

ところで w w
ジャンク風味は合ってると思います。古くてしんきくさかったり、こきたないもんも好きだし。

が、美大は違うかとw 今日なんて、職場で座ってるだけでなぜか「変態」って言われましたからねww ヒドスw

あっあとイベントなんかで番してると、「作ってるの男性じゃないんだー」って良く言われるのは、あれですかね、その力強さってのから来てるんでしょうかねw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あら~ん、刺激にして頂きまして恐縮恐縮w

ガジュマルありーの今回作品だなww
前回のガジュマルが無ければ今回作品どころか
ワイヤーってイメージも無かったかもしれないし

ささやかながら俺の独り言ブログを発見してなかったら
やはりもっと違った物を作ってかもしれないよな

でも更に深く探ると、作品を作ってる自分も
ブログを立てようと思った自分も
例え悪い記憶であったとしても
今までの人生で一つでも欠けていたら
今と言う瞬間は生まれなかった分けじゃん

作り手の場合は特に「自分=デザイン」みたいな側面があって
作品は自分の今までの経験を形にしたものだと思うのよ


全ての経験と記憶
自分の良い部分も悪い部分も受け入れる事で
100%の作品が出来るのだろう

良い部分だけを見せようとか
悪い分を無かった事にした作品に深みは無いからな
それは人生も同じである

俺が罪悪感をただの罪と考えたら俺の心が2秒で潰れるぜw
もし俺の作品に「俺の罪悪感」も演出来たら
良いもん出来んじゃね?とは思ってるwww

既に緑荳が同じ様な事を書いていらっしゃるが(爆)





お~ぅ、ええやんエエヤン
緑荳クオリティーだわ
俺の緑荳イメージは正にこんな感じの力強さと
美大卒っぽいジャンクアートな感じ

( ̄ー ̄)b ナイス!
2012/01/16(Mon) 19:16 | URL  | 俺 #mQop/nM.[ 編集]
俺さん

おこんばんはー。

良いエネルギーもらったおかげさんで、楽しく造れましたよー。ワイヤーって選択肢があったことにも気づくことが出来たし。(結構忘れてた)

しかも、三年の間に世の中にはワイヤーワーク用の真鍮線のバリエーションが増えてて、こりゃええなと。
ええ、真鍮萌えなんで。

ガジュマル作ってた当時と違うところは、今の方が「自分が材料だと思えるブツはなんでも材料になる」って考えに至ったことですかね。だから歯車とか組み込もうと思ったぽいです。

これに関してはガジュマル以降に出会ったものつくりの人々からの影響が大きいかなぁ。

考えてみると、いろんな人や出来事から影響うけてますねぇ。
それがまた面白いなと。

作った人の中身がまけ出てるよーな作品って、頭から離れなかったり、見終わって家帰っても、いつまでも気になってしょーがなかったり。

あれもなんか作為的に出してるんじゃなくて、出ちゃってるんでしょうねぇ。だからこそ良いというか。

ところで w w
ジャンク風味は合ってると思います。古くてしんきくさかったり、こきたないもんも好きだし。

が、美大は違うかとw 今日なんて、職場で座ってるだけでなぜか「変態」って言われましたからねww ヒドスw

あっあとイベントなんかで番してると、「作ってるの男性じゃないんだー」って良く言われるのは、あれですかね、その力強さってのから来てるんでしょうかねw
2012/01/16(Mon) 22:57 | URL  | 緑荳胡同 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。